レスポンシブWebデザインのメリット/デメリット

Web制作 サービス マルチデバイス対応サイト関連

Webサイトのスマートフォン/タブレット閲覧対応を中心としたマルチデバイス対応の方法は1つではなく、万能なマルチデバイス対応の方法もありません。レスポンシブWebデザインのメリット/デメリットを十分に理解した上での導入をおすすめします。

レスポンシブWebデザインのメリット

  • Webサイトをワンソース(1つのhtmlファイル)で管理でき、Webサイト更新の手間を一元化できる。
  • Webサイトの横幅でデザインを切り替えるため、将来出現するデバイスにも閲覧対応しやすい。
  • デバイスごとにサイトを作る場合、ユーザーエージェントを判別してリダイレクト処理を行うのが一般的ですが、レスポンシブWEBデザインでは特別なサーバー設定は不要です。
  • 1つのhtmlファイルでWebサイトを管理するため、全てのデバイス向けURLが同一にでき、SEO上のメリットが大きい(Googleも推奨している)。

レスポンシブWebデザインのデメリット

  • 端末ごとに細かいデザイン/サイト構造調整ができず、デバイスごとのUI最適化/コンテンツ出し分けが難しい。
  • デザインを行う上でのルール/制限があり、レスポンシブWebデザインを使いこなすためにはノウハウが必要。
  • 閲覧時は、全デバイスで同一のhtmlファイルをダウンロードするため、データ容量が増えて表示時間に影響が出る場合が多い。

レスポンシブWebデザインでも、他のマルチデバイス対応手法でも変わらないこと。

  • 全てのデバイスに共通してファーストビューは重要。
  • スマホで表示したいこと、PCで表示したいことを整理する。
  • PC/スマートフォン/タブレットなどの閲覧想定デバイスごとに、表示テストは「それぞれ」必要。
  • デバイスごとにWebサイトを作成する場合と比べれば設計/デザインの手間は増える。(多くの場合、トータルすれば手間は減ります。)

レスポンシブWEBデザインを実現するしくみって...



ページ設計・デザインするときに外せないポイントとは...

まずはお気軽にご相談ください。

レスポンシブWebデザインでマルチデバイス対応したWebサイト制作、CMS開発についてお悩みであればまずはお問い合わせください。
お客様のビジネスゴールに応じてご提案させていただきます。

レスポンシブWEBデザインの導入を迷っていらっしゃるならお電話でのアドバイスだけでもお気軽にご相談ください。

商品・サービスへのお問い合わせ

ご相談、お見積もりのご依頼など

お問い合せはこちら