Tumblrサイト制作・カスタマイズ

Tumblrサイト制作・カスタマイズ

画像や動画の更新もかんたん!にぎやかなオウンドメディアが作れるTumblr

tumblr

「既読・未読」機能や「フォロー通知」機能がない、ゆるくつながれるTumblrをCMSとして利用する企業が増えています。
視覚への訴求力が高いコンテンツと相性がよく、誰でも迷わず更新できるかんたんな操作性が人気です。

また、サーバを用意する必要もなく、作りこむこともできるし限られた予算内で無料のテンプレートを適用することもできるので小さく始めて育てたい方にはオススメです。

メリットはありますが、弱いところもやはりあります。Tumblrのメリット・デメリットをご紹介します。

Tumblrのメリット

1ユーザーとつながりつづけるコンテンツ発信力

Tumblr には、特定ユーザーをフォロー「ファン」機能と気に入った投稿をシェアする「リブログ」機能があります。
この2つの機能によって、良質なコンテンツが循環するネットワークが形成されていることが最大の特徴です。
Facebookやtwitterなどの外部ソーシャルサービスのボタンも設置でき、これまでSNSで培ったつながりを取り込むこともできます。ファンを増やし、リブログを促すことでコンテンツ拡散を狙います。

2Tumblr公式アプリで更新もかんたん

Tumblrには専用のスマートフォンアプリがあり、かんたんに更新することができます。学習コストが少ないので専門知識のない人でも気軽に扱えます。

3カスタマイズすればInstagramやPitegerst、YouTubeも組み合わせたマルチコンテンツなオウンドメディア

他のSNSやサービスのAPIを活用することで、Tumblr以外のコンテンツを取り込んだにぎやかなWebサイトを作成できます。

Tumblrのデメリット

1サイト構築面においての制限が多い

カテゴリによる階層化をすることはできません。
ただし、タグ機能を利用することで投稿をグルーピングすることができます。また、テンプレートは1つしかありません。その為一覧ページ、詳細ページを1つのテンプレートで作成することで対応します。
どのCMSでも一緒ですが、複雑なことをしたい場合は作りこみが必要です。
独自のCMS開発には不向きです。

2ワークフローやステージング機能がない

エンタープライズ向けのCMSにあるような、ワークフローやステージング機能などがありません。
コミュニケーションをかんたんにするため、シンプルな仕組みになっています。

どうしても承認フローが必要な場合は、企業CMSとして豊富な実績がある「Movable Type」をオススメしています。

cherry-pickのTumblrサイト制作の特徴

Tumblrのメリット / デメリットを理解した制作

cherry-pickではオウンドメディアをTumblrで構築することのメリットやデメリットをお客様に分かって頂いた上でご提案させて頂きます。お客様の目指すオウンドメディアによってはTumblrが向いていないこともあります。
その場合は、MovableTypeやWordPress、Hubspotなどから最適なプラットフォームをご検討されてみてはいかがでしょうか?
お気軽にお問い合わせください。

他サービスのノウハウを活かした制作・運用

レスポンシブWEBデザインによるマルチデバイス対応や、運用面での支援も承っております。詳しくは、各サービスページをご覧ください。

商品・サービスへのお問い合わせ

ご相談、お見積もりのご依頼など

お問い合せはこちら