マルチデバイス対応 サイト制作・開発

サイトのソーシャル化をワンストップ支援。オウンドメディアのサービス強化を行いませんか?

Googleも特別扱いするマルチデバイス対応

なぜマルチデバイス対応はGoogleに特別扱いされ、多くのユーザーが使ってくれるのか

スマートフォン対応サイトは、Googleの検索結果でも「スマホ対応」と表示されるようになりました。
また、2015年4月21日以降は検索ラインキングの順位に反映させる新アルゴリズムが適用されています。

ユーザーにとって、インターネットの情報収集の主流は今やスマートフォンです。Googleは検索エンジンの利用者にわかりやすく、快適な検索体験を提供しています。
スマートフォンユーザーは「スマホ対応」と書いてあるサイトをより好むでしょう。「スマホ対応」の表示がないだけでリーチできないユーザーもいるということです。

マルチデバイス対応するなら、レスポンシブWebデザインで費用対効果UP!

マルチデバイス対応サイトを作る場合、レスポンシブWebデザインにするか、PCサイト・スマホサイトを別々に作るか、を最初に決める必要があります。
cherry-pickでは、費用対効果の高いレスポンシブWebデザインをおすすめしています。

レスポンシブWebデザインのメリット・デメリット

「レスポンシブWebデザイン」とは、デバイスごとにデザイン・HTMLファイルを用意するのではなく、ブラウザの幅に合わせてCSSで表示を切り替える方法です。
近年ではスタンダードなアプローチとなり、弊社の多くのプロジェクトで採用している手法です。

レスポンシブWebデザインのメリット

1費用や更新コストが安い

1つのHTML/CSSで制作でき、さらにCMSでもコンテンツを一元管理できるため、デバイス別に作るよりも費用や更新コストが安くなります。

2検索エンジンによる評価の集約

URLが全デバイス共通になるので被リンクが集約されるため検索エンジンによる評価も集約されてSEO効果も期待できます。

3どんなデバイスでも適切な表示になる

SNSなどでURLがシェアされてもどんなデバイスでも適切な表示になります。

レスポンシブWebデザインのデメリット

1デバイスごとに最適化できない場合もある

2フィーチャーフォンには対応できない

3レスポンシブWebデザインのUI設計に熟練度が必要

cherry-pickが提案するマルチデバイス対応

「レスポンシブWebデザイン」をはじめとする豊富なマルチデバイス対応サイト開発実績を持つcherry-pickだからこそ提案できる、4つのメリットがあります。

1初期開発コスト、運用コストを抑えるご提案

コストを抑えてスタート cherry-pickでは、ユーザーの利用環境データに合わせた対応はもちろん、予算に合わせたマルチデバイス対応方法をご提案しています。
cherry-pickが得意とする「レスポンシブWebデザイン」では、複数デバイス対応を1つのHTMLファイルで行うため、デバイスごとに複数サイトを用意するよりも初期開発コスト・運用コスト共に抑えられるケースが多くあります。
(※デバイスごとの最適表示に制限がある点など、デメリットもございます。)

2面倒なサイト更新作業を一元化。SNSやシステムと連携するCMSをご提案。

多種多様なデバイスでWebサイトが閲覧されるのはもちろん、ソーシャルメディアでの情報発信やSEO対策までも行う必要がある現在では、情報発信にかける時間/コストを最大限圧縮する必要があります。

cherry-pickでは、マルチデバイス対応とCMS(Webサイト管理システム)などのシステム開発を運用状況に合わせて一括開発致します。

3ユーザー閲覧環境、マーケティング活動に最適なマルチデバイス対応を。

例えば、マルチデバイス対応コストを最小限に抑えたい場合、Twitter社が提供している「Bootstrap 別ウィンドウで開く」や市販のデザインテンプレートの利用をご提案させていただいています。Bootstrapは、今風のデザインを実現するフリーのCSSライブラリで、レスポンシブWebデザインにも標準で対応しています。
市販のデザインテンプレートをベースに、デザイナーがカスタマイズすることで安価に対応できる場合があります。

「レスポンシブWebデザイン」でのWebサイト・CMS構築に多くの実績/経験あり。

豊富なマルチデバイス対応サイト開発実績を持つcherry-pickは、「レスポンシブWebデザイン」でのWebサイト構築やCMS構築に対応しています。

商品・サービスへのお問い合わせ

ご相談、お見積もりのご依頼など

お問い合せはこちら