データドリブンマーケティング

顧客データ、サイト行動データ、アトリビューション、競合データをWebマーケティングへ活

顧客データ、サイト行動データ、アトリビューション、競合データをWebマーケティングへ活用

データドリブンとは

データドリブン(Data Driven)とは解析・分析を重ねて得られたデータを主体的に操作していくことを指します。マーケティングの手法であり、データ解析で「見える化」された全てのデータを総合的に判断し、マーケティングの最効率化を促すような意味を持ちます。

マーケティング・セールスに活用できるデータの収集・蓄積をスムーズに

cherry-pickでは、データ収集・蓄積するツールをご提供しています。
どんなにデータが大切でも、かんたんに使えなければ意味がありません。「一度検討したけど運用イメージができなくて諦めた」といった経験はありませんか?

  • 導入コストが高い
  • 導入に手間がかかる
  • 高機能だけどツールを使いこなすのに学習コストが高い
  • 分析のための設定の仕方が分からない
cherry-pickではマーケティング・セールスに活用できるデータの収集・蓄積をスムーズ化を可能にするツールをご提供しています。

あなたの現状に合わせて「小さく始めてグルグル回せる」運用体制も含めたシステム導入をご提案します。

cherry-pickのデータマーケティングは顧客データとサイト行動データにフォーカス。

cherry-pickでは、具体的な数値として計測しやすい顧客データとサイト行動データにフォーカスしています。属性ごとの行動パターンや特定のコンバージョンごとの行動パターンを分析することで、具体的なセグメンテーションを行なった上でそれぞれに最適な施策を計画、実行することができます。

アクセス解析データや販売データなどがあれば、セグメンテーションごとの施策からコンバージョンUPの成果予測もできるため、施策の優先順位を明確にした上で改善していくことができます。

データドリブンマーケティングの導入の流れ

1現状の課題からデータで解決できることを洗い出す

システムを導入する前に、あなたが抱える課題を洗い出し、データを使ってどのように解決できるか、を検討します。 こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • なんとなく勘を頼りにしてるけど間違ってないか
  • テコ入れしないといけないけど何から始めたらいいのかわからない
  • アクセス解析ツールじゃ分析できない
  • ヘビーユーザーと他のユーザーの違いが知りたい
  • 会員データとアクセス解析データを関連付けて見てみたい
step:データドリブンマーケティングの導入の流れ

2システム導入のスケジュールを策定する

cherry-pickからシステム導入のスケジュールをご提案いたします。
御社システム上の会員データなどは、セキュリティを考慮した方法での受け渡しや、お預かりする方法や保管方法なども具体的に定めた上で、現実的な計画スケジュールを作成いたします。

step:データドリブンマーケティングの導入の流れ

3システムを導入してデータ資産を貯める

アクセス解析タグの埋め込みや弊社システムのAPIのご提供により、収集データを蓄積していきます。
この期間、最低でも2週間〜1ヶ月は必要です。分析するには一定量のデータが必要となるため、求められるレポートの内容や収集できるデータ量などから試算いたします。

step:データドリブンマーケティングの導入の流れ

4データアナリストが分析し、活用できるレポートを作成

蓄積したデータから分析を行い、レポートの作成までを行います。
求めるレポートの内容により、最低1週間〜となります。

データドリブンマーケティングのゴールは、目標が達成されたらそこで終わりではありません。
継続的な効果測定、改善プランの作成と実施、それらの維持・持続を行うことで、変化の早い事業環境への対応力向上を目指しましょう。

商品・サービスへのお問い合わせ

ご相談、お見積もりのご依頼など

お問い合せはこちら