Chrono Scouter コンテンツアドバイスツール

キーワード調査に間違いはありませんか?

Chrono Scouterとは?

SEO難易度を判定し、上位化に適した施策をアドバイス

オウンドメディアなどにコンテンツ・ブログ記事を追加する際の 「ターゲットキーワードごとのSEO難易度・有効な施策」をアドバイスするツールです。
また、競合サイトや検索データを継続して監視することで「人工知能が有効な施策を学習し、アドバイスに反映される」のが特徴です。

毎月のKPI推移を一目で確認。

chrono scouterのダッシュボードでは、KPIの状況を一目で確認できます。
目標値や過去3ヶ月の平均値に対しての達成状況が分かるので、実施すべき施策検討に役立ちます。(その他指標も随時追加予定)

キーワードごとのSEO難易度、上位化施策をアドバイス。

抽出/設定したキーワードに対して、検索エンジンで上位化するための難易度や効果的な施策をアドバイスします。
アドバイスは、検索結果データを人工知能が分析することによって得られるものです。

競合サイト構造や施策を監視。キーワードごとに人工知能が学習。

chrono scouterは、使いはじめたその瞬間から、自サイト・競合サイトのページ追加・更新などの施策を監視・記録します。
それらのデータを人口知能が学習することで、「どんなコンテンツを追加すると、どんな効果があるか?」を予測します。

ターゲットキーワードごとに、競合サイトのコンテンツを取得。

競合サイトの、「ターゲットキーワードが含まれるコンテンツ」を確認できます。タイトル、見出しを確認できるので、コンテンツ制作時の調査に活用していただけます。

時事キーワードはメール通知でお知らせ。

あらかじめ監視設定したキーワードの検索順位が大きく変動した際にメールでお知らせします。
検索結果が大きく変動したキーワードは「ニュース性があるキーワード」の可能性が高く、検索流入に貢献する傾向があります。

Google Analyticsと連携し、さらに賢く。

chrono scouterにGoogle Analyticsやchrono engineのデータを連携することで、より精緻なマーケティング効果の分析が可能です。
たとえば、各コンテンツのCV貢献度を測定し、施策に生かすことができます。

Chrono Scouter導入のメリット

1マーケターもライターも。調査時間を1/3に。

テスト導入していただいたオウンドメディアマーケティング担当者の方より、「コンテンツ企画時のリサーチ業務が約1/3に削減できた」とのコメントをいただきました。
chrono scouterは多くのデータを継続的に処理するので、データの最新化作業が不要な点も特徴です。

2ABテストではなく、集客改善が必要な方に最適。

2015年はABテストツールやマーケティングオートメーションツールの導入が進んでいます。
どちらもとても重要ですが、chrono scouterは「ABテストの前に集客が課題」という方に適しています。

3B2B商材や高額商材のコンテンツ制作に効果を発揮します。

chrono scouterの開発元:cherry-pick社は、B2B商材や高額商材のマーケティングに実績がある企業です。
そのため、chrono scouterもそれらのマーケティングにフィットし成果を出すために開発されています。

Demonstration

サービスのデモはお問い合わせ下さい。

α版を限定提供中です。

お問い合わせください。

申し込みフォーム