Movable Type6が発表。「CMS」としての進化と価格体系変更が明らかに。

CMSサイト関連 Movable Type Web制作

こんにちは、阿部です。
暑くて溶けそうな中、ずっと外出している人は偉いと思います。
そうです、僕のことです。

さて、Movable Type のメジャーバージョンアップとなる Movable Type 6がシックスアパート社から発表されておりますね。2013年10月リリース予定とのことです。
Movable Type5が発表されたのが2009年11月ですから、実に4年ぶりのメジャーバージョンアップです。関係者のみなさま、発表おめでとうございます。
movabletype6_logo.png

Movable Type6の機能レビューは、弊社スタッフから追って公開されると思いますMovable Type 6.0 ベータのキャプチャ付きレビューをご覧ください。
下記にMovable Type6の概要と価格の変化、CMSとしての進化の方向性を考えてみようと思います。

○Movable Type6概要

  • Movable Type Data API
  • Movable Type Chart API
  • スマートフォン用Webアプリケーション「Loupe」
  • Google Analytics と連携したダッシュボードの改善
  • ウェブサイト機能の改善
  • 公開終了日指定機能
  • メッセージセンター

※詳細はシックスアパートからの発表をどうぞ。

○価格体系変更

Movable Type 5 では、「ユーザー数無制限版」と、5ユーザーまで利用可能な「ユーザー数限定版」の2種類のライセンスを用意していましたが、Movable Type 6 では、「ユーザー数無制限版」のみとなります。
代わりに、「ユーザー数無制限版」が126,000円(税込)から94,500円(税込)に値下げされます。
「ユーザー数限定版(63,000円(税込)」を主に利用されていた方にとっては、31,500円分のプラスとなります。
「CMSソフトウェアライセンス費用のWebサイト制作/開発予算総額に占める割合は最大10%程度」と考えていたので、制作・開発に100万円以上かかるCMSサイトで利用されるってことになるでしょう。
(そんなことねーよ!って場合は教えてくださいw)
ユーザー数でのライセンス差異がなくなったのは、恐らくは多くの方にとって「ライセンスが高くなった」以上の感想はないと思います。
が、Movable TypeでCMS構築する場合、機能要望として「公開申請機能などのワークフロー機能」が多くの場合入ってくることと、インバウンドマーケティングとして「情報発信の即時性」が求められることを考えると、人数の制限を撤廃することは意思を感じますね。ライセンス売り上げも上がると思います。

○Movable TypeのCMSとしての進化

「Movable Typeに貯めたデータの再利用」をプラグイン以外でも実現。
CMSとしてWebサイトを運営していると、データがどんどん溜まっていきます。
従来はMovable Typeの特徴の大きな1つであるプラグインにより機能拡張をし、Movable Type内のデータ活用を行ってきました。(Movable TypeはPerlで実装されているためプラグインもPerlで開発されています。)
今回のAPIおよびJavaScript ライブラリの公開により、フロントエンドの開発だけでデータ操作ができるようになります。新しく追加された「Loupe」もスマートフォンから利用する部分はJavaScriptのみで実現されていますし、新しいプレイヤーを巻き込んだ展開も期待できますね。
「マーケティング活動と一体間のあるCMS」の構築ができるように。
各種APIとJavaScriptライブラリーが準備され、Google Analyticsとの連携などが可能になり、Webサイト運用とWebマーケティング活動を同時に行いやすくなります。
ベータ1の段階で実装されているGoogle Analytics連携はアクセスログのみで解析ツールには程遠いので、これを参考に必要な機能を開発するか欲しい機能をシックス・アパートにフィードバックしたいところです。
Chart APIはドキュメントにアクセスできず詳細は確認できませんでしたが、MT以外のデータと連携して利用できることから他のアクセス解析ツールやソーシャルメディアのデータを同じダッシュボードで表示するなど、運営するメディアに最適なチャネルの発見などにも活用できそうです。
「外部システム連携」をシームレスに。
近年のCMSに求められる機能として、CRMツールやECシステムなどの外部システムとの連携を求められることが多くなりました。各種apiとの連携により、Movable Typeを用いたCMSと各システムの距離が縮まりますね。




当然ながら、Movable Type含むCMSソフトウェアは「インバウンドマーケティング」を実現しやすくするツールとして進化しています。

HubSpotは「インバウンドマーケティングの統合管理ツール」を売りとしていて欧米で活用されていますが、Movable Typeのカスタマイズは「企業ごとのマーケティング活動に最適化したインバウンドマーケティング管理に対応したCMS」を実現できるようなソフトウェアを志向しているとも言えそうです。
 
近日Movable Type6ベータ版を実際に使った感想をお届けできるかと思います。お楽しみに!
別記事にて、Movable Type6のキャプチャや機能プレビュー、強化ポイントをご紹介しています。ご興味ある方はご覧ください。
ちなみに、SREではMovable Typeを用いたCMSサイト構築を得意としています。
お困りの際はお問い合わせくださいw

商品・サービスへのお問い合わせ

ご相談、お見積もりのご依頼など

お問い合せはこちら