六本木ハリー・ポッター展もいいけれど、イギリスのスタジオツアーはガチ

ネタ

インターンのかなはまです。6/22から六本木ヒルズでハリー・ポッター展が開催されていますね。ハリポタマニアの僕はもちろん初日から突撃してきました。

2010年にはアメリカのユニバーサルスタジオにハリー・ポッターのテーマパークができ、来年には大阪のUSJでもハリポタの世界観が楽しめます。


でも改めて私はここで物申したい、ハリポタの本場はイギリスであると。


ということで今回は、去年イギリスのワーナーブラザーズスタジオへ行った時の記録をつづっていきます。



ハリーポッタースタジオツアー

ワーナー・ブラザーズ・スタジオ・ツアー:メイキング・オブ・ハリー・ポッター(通称ハリーポッタースタジオツアー)は2012年春にロンドン郊外にオープンした、ハリポタの本物のセットが見れる施設です。

文章じゃつまらないのでここからは写真でいざないます。


ロンドン郊外のWatford Junction駅から無料送迎バスが。もうハリーポッターの雰囲気がバンバン出てます。

バス.fw.png


すぐに到着!想像していたよりかなり大きい。

ハリポタ外観.fw.png


チケットを渡して入場すると、まず目に入ってくるのはダドリー一家の自宅です。

階段下のハリー・ポッターの部屋も。こんな狭いところでの生活を強いられていたのですね。

ダドリーの家.fw.png


その後数分のムービーを見て、ドアが開き・・・

大広間入り口.fw.png


ホグワーツの大広間!!

?ホグワーツ大広間.fw.png


スタジオの中には教室や

教室.fw.png


ハグリットの小屋も

ハグリッドの小屋.fw.png


外にでると、ナイトバスがお出迎え。

ナイトバス.fw.png

 

こちらはトムリドルのお墓です。なぜか六本木では一番に人気のスポットでした(笑)

トムリドルの墓.fw.png


再度建物の中に入ると、あの有名なダイアゴン横町です!ハリーが杖を買ったオリバンダーの店やフレッドとジョージの店があります。

ダイアゴン横丁.fw.png


最後にホグワーツがでてきました!このレプリカをCGで色を付けて大きくして合成してるらしいです。

ホグワーツ城.fw.png


写真はまだまだあるのですが、残念ながら全部は紹介しきれません。日本語の音声ガイドもあったので、この一日ですごいマニアックな知識が得られました。

一日いても飽きなさそうです。


ハリーポッター展では・・・

六本木のハリポタ展では、組み分け帽子を被れるなど映画さながらの体験ができます。イギリスでは見れなかったセットもたくさんありました。写真は撮れなかったので、ぜひ生で見てみてください。

 

SREサイトにも隠れポッターが・・・

SRE会社サイトにも隠れポッターがいます。暇つぶしに探してみて下さい(笑)

商品・サービスへのお問い合わせ

ご相談、お見積もりのご依頼など

お問い合せはこちら